キジトラのピノまみさんとアビMIXムギ君ののポレポレ生活。ただいまブログおやすみ中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いです
2009年10月14日 (水) | 編集 |
※本日の画像はすべて「にゃんず日記」様からお借りしています。
また文章も参照させていただいてます。

「にゃんず日記」のなお様が、書かれている
行政収容猫の記事一覧はこちらです。

IMG_6324_20091010230914.jpg

私のブログのサイドバーにも応援リンクを貼っている
大阪行政収容猫」に、殺処分が近づいている子が
居るそうです。この子もその一匹。
とてもとても可愛いキジトラさん。

行政収容猫…、ここに居る子達は、それぞれ保健所に持ち込
まれたり、警察へ届けられて期限が来てしまった後、何かの
きっかけで選ばれて、期限付きで飼い主探しをしています。

IMG_6350_20091010230913.jpg

期限付きの命、そしてここから出してあげられるのは、
新しく飼い主なってくださる方だけなのです。

私のように、一時預かりしか出来ない状態の人間は、
ここに居る子達の一匹も救ってあげる事ができません。

本当に本当にごめんなさいと、謝る事しか出来ないのだと、
自分は無力だなと、今思い知らされています。

自分が保護した子なら、預かれる子なら…、少しくらい無理を
しても、新しい飼い主様を探す事も可能なのに…。言っても
仕方のない事と解っていますが、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

IMG_6497.jpg

一番、収容期間の長い子です。

ぼろぼろの姿でさまよっていて、保護当時は長い毛が
絡まってひどい状態だったそうです。着けていた首輪には
連絡先も名前も無く…。今回、私が一番心配している子です。

捨てられて(?)、そしてまた人間の手によって救い上げられた
この子を、最後の最後に人間の手で死なせたくありません…。

自分は飼えないのに…、ごめんなさい。

IMG_6524.jpg

こんなに美しい子も居ます。この子は、未去勢で入って
きたそうですが、どんな経緯がその身にあったのか…。


どうか皆様、お願いです。

猫を家族に迎えようかなとお考えの方は、このような施設や、
団体、個人のボランティアが募集している猫の里親になる事も
選択肢の一つとしていただければ、と思います。
そして、こういう子がいることを、まず知っていただければと。

この子達の募集の詳細は、
行政収容猫の飼い主探しin大阪」をご覧ください。
猫の紹介ページ。
写真がいっぱいです。

審査の基準などは、こちらをご参照ください。

どうかよろしくお願いいたします!



人気ブログバナ   にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
ランキング参加しています。

コメント
この記事へのコメント
綺麗な瞳をしている、
こんな可愛い子達が処分を待っているんですね。
私も同じです。”救ってあげられなくてごめんなさい”
でも、何の罪も無いこの仔達の命を奪おうとしている人間達。
なんて愚かな生き物なのでしょう。
2009/10/14(水) 13:47:29 | URL | quantum #-[ 編集]
私もにゃんず日記さんのこの記事見ました。
リンクのご相談しようと思っていたところです。

河川敷のねこたちはもしかしたら保護しなくても
河川敷で暮らしていけたのかも・・、
こういう子達をまず救ってあげたらよかったのかも
とかも考えてしまいます。
結局小屋は残ったままなので・・。
考えてもどうにもなりませんよね。

一番上の子が「仔猫の時からずっと収容所暮らし。
一度もひなたぼっこを経験したことがない・・」と。
どうか幸せを掴んで欲しいです。


2009/10/15(木) 00:11:31 | URL | ちょこ #BjNyHXh6[ 編集]
無力を感じます
いつでも里親募集中を見ても、行政収容猫を見ても、いつも自分の無力さと、人間の傲慢さに嫌気がさします。
我が家にも、2匹の猫がいますが、どちらも元はノラちゃん。こつぶは人間の虐待と思われるし、あずきも放置されてガリガリ・・・
ただ、人には教育が必要だと思います。それは、勉強をするとかじゃなく、人としてどう生きるか?道徳というか・・・
そして、知ることの大切さ。1日でどれほどの犬猫が処分されているのだろうか・・・悲しい限りです。
私のブログでも、取り上げて少しでも知ってもらえるようにしますね。
2009/10/15(木) 00:42:24 | URL | dog2cat2 #cMfGMNRU[ 編集]
>>quantumさん
ここに居る子達はほんの一部で、誰の目にも留まらないまま
猶予も与えられず殺処分になってしまう子の数は、膨大だと
思うと気が遠くなります。自分の出来ることは本当に小さくて…。

いろいろ考えましたが民間だけでなく、やっぱり法規制や
行政の整備も必須なのだと感じます。ペット産業は闇が深い
ですし…。もっといろいろ知り、でも冷静に動けるようになりたいです。
2009/10/20(火) 12:49:36 | URL | きじにゃ #-[ 編集]
>>ちょこさん
>河川敷のねこたちはもしかしたら保護しなくても
>河川敷で暮らしていけたのかも・・、

どうかそう仰らないでくださいませ。
ずっと心配しているキチ君の行方も生死も不明ですし…。

私がくーくー君をお預かりしようと思った一番の原因は
彼の兄弟のちゃあちゃんの死の記事でした。
あんな子を、自分の(ブログの中だけでも)知っている
範囲で、これから出したくないと思ったからでした。

行政預りの子達、あとどのくらい時間が残っているのか
解りませんが、幸運が来ることを祈ります。
2009/10/20(火) 12:57:59 | URL | きじにゃ #L1ch7n1I[ 編集]
>>dog2cat2さん
お返事が遅くなりごめんなさい。

dog2cat2様の仰っていること、真剣に受け止めたいです。
人間は、(自分も含めて)確かに自分以外の者に対して傲慢だと
感じる事、猫と接して多くなりました。勿論、そんな人だけでは
無いのは解っているのですが…。
どうして人間の魂と理性を持って産まれて来て、善く生きることが
(その努力が)出来ないのか、不思議に思うことが、あります。

教育は確かに大事だと思います。先日、幼い子と接していて
ああ、親がいつもそう聞かせているんだろうなと落胆する事を、
無邪気に言っているのを耳にしました。
現状を変えようと思うと、いろいろな方面からアプローチが必要
なんでしょうね。
2009/10/22(木) 22:36:37 | URL | きじにゃ #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。