キジトラのピノまみさんとアビMIXムギ君ののポレポレ生活。ただいまブログおやすみ中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里親様募集中のくーくー君のこと 1日目
2009年10月16日 (金) | 編集 |
8月12日、予定より一日遅れで、河川敷から
くーくー君をお預かりすることになりました。



「初めまして^^;」

これが初対面なので、彼にとって、私の第一印象は
最悪だったでしょう。

この日は、一般的な健康診断など。
3種ワクチンも様子を見てうてればという先生の判断
だったのですが、緊張のあまりの高熱で断念しました。

2009101602.jpg

お耳の掃除。お外に居たから、やっぱり真っ黒でした。
先生が怖がらせないように丁寧に掃除してくださいました。
口内を調べると歯茎が真っ赤で口臭もあったため、
「カリシかもしれない」との診断。

最近出たらしい(?)、とても良く効くという薬を処方され、
一ヶ月様子見となりました(実際、とても効きました)。

2009101603.jpg

ワクチンなどは後日ということで、とりあえず
ケージに入って落ち着いてくださいね。

2009101604.jpg

予想通り、箱入り息子になりました^^;
この日は食欲も無く、ずっと同じポーズのままでした。

微妙に不安。かなり不安。
でもこのまま河川敷に居るよりは、ずっと安全なので
私はどこかでホッとしていました。



処分期限が迫っている子達がいます。
link-gyosei_convert_20090614185942.jpg
猫を飼おうかなとお考えの方は、こちらでも
一度ご検討いただけないでしょうか。
どうかよろしくお願いいたします。



写真展のお知らせ
関西御苗場
大阪海岸通ギャラリーCASO Contemporary Art Space Osaka
〒552-0022 大阪市港区海岸通2-7-23 TEL/FAX 06-6576-3633
2009年10月13日(火)~10月18日(日)
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(最終日17:00まで)
入場料 平日100円・土日500円(高校生以下・60歳以上無料)

こちらにrengcongさんが出展されます。
ブースNo.118(個人)、No.133(グループ)



人気ブログバナ   にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
ランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
よかったね
くーくーちゃん、安心して住めるおうちにこられてよかったえね。
ほんといつもながらあたまがさがります、ごくろうさまです。
昨日は、おもわんお目にかかれて、うれしかったです。
おそがけに滑り込んだので、写真たくさんみなくっちゃ~~で・・
ゆっくりお話も出来ずざんねん!
いてくださったので、レンコンさんにもお目にかかれたわけで・・ありがとうございました。
2009/10/18(日) 13:04:47 | URL | 福にゃんママ #7RorUgFk[ 編集]
ありがとうございました。
わざわざ足をお運びいただいてありがとうございました。
そしてすてきなお花、ありがとうございました。
本当にいろんな写真があって、熱気もすごいのですが
今回は例年に比べてグラビアなものが多くて、
きていただいた、特に女性の方にどこまで楽しんでいただけるのか
内心心配だったのですが、お帰りの際の立ち話では
楽しんでいただけたように私勝手に感じましたもので、
ほっとしてました。
福にゃんママさんもご紹介いただけて、本当によかったです。

くーくー君、前から思っていたのですが、
毛皮は本当に漆黒で美しいですね。
黒猫さんといっても黒さ加減はさまざま。
だけどくーくー君は上等のタキシードで素敵です。
2009/10/19(月) 11:52:31 | URL | rengcong #-[ 編集]
>>福にゃんママさん
お返事遅過ぎですみません~~!!!
写真展では、思いがけずお目にかかれて嬉しかったです!
お時間少なかったと思いますが、堪能されましたでしょうか?
あれだけの作品数と作品の傾向が多様だと目が忙しくなる反面、
自分の好みの写真がはっきり解って面白かったです。

あの時、心配していた行政の子、飼主様決まりました!
個人的にすごく嬉しく、やっと心が軽くなりました。
他の子達もどんどん幸せになって欲しいです。
2009/11/09(月) 01:13:06 | URL | きじにゃ #L1ch7n1I[ 編集]
>>rengcongさん
お返事が遅過ぎで遠い昔の話になってしまってすみません…。

初めてだったのであまり気になりませんでしたが、写真展、
今年はグラビア的な物が多かったのですね。そういうもの
かなぁって思っていました。でも、同じグラビア的なものでも
写真家さんの個性が出ていると、やはり目を引きますね。

rengcongさんの写真は、心にすっと沁み入るようで、でも
可愛らしかったり、懐かしかったり、優しい気持ちに帰れるような
作品だと思いました。また来年の写真展を楽しみにしています。
2009/11/09(月) 01:20:06 | URL | きじにゃ #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。