キジトラのピノまみさんとアビMIXムギ君ののポレポレ生活。ただいまブログおやすみ中です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】犬200匹を違法飼育、「売れ残り」は尼崎市が処分
2009年12月11日 (金) | 編集 |
先日参加した「真に動物を守る法律へ」シンポジウムの運営委員会より
メールが来ました。内容はいくつかのブログで既に紹介されていますが、
大変許し難く、こちらでも転載することにします。

ここより転載。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11.21シンポジウム「真に動物を守る法律へ」 に
ご参加下さった皆様へ

12月10日(本日)の朝日新聞朝刊の掲載記事を添付しました。
講師の野上ふさ子が代表を務める地球生物会議が情報公開請求をして
発覚し、同じく講師の植田弁護士がコメントを出しています。

***
犬200匹を違法飼育、「売れ残り」は尼崎市が処分
朝日新聞 2009年12月10日8時1分
http://www.asahi.com/national/update/1210/OSK200912090174.html(1ページ目)
http://www.asahi.com/national/update/1210/OSK200912090174_01.html(2ページ目)
**** しばらくの間は↑でも記事が読めます。

尼崎市が、長年にわたり、ブリーダーの売れ残った犬達を
そうと知りながら、殺処分してきた事実が発覚しました。

尼崎市に対して、この業者の許可取り消しを含め、二度とこういう事が
起こらないよう 徹底的な措置をとってもらえるよう要望をお願いいたします。
(連絡先は最後に明記しています)
________________

読売新聞夕刊や関西のローカルTV各局のみならず、
全国ニュースでも取り上げられました。
今晩、ニュースZEROやニュースJAPANなどでも取り上げられるかもしえません。

繁殖をリタイヤした親犬のみならず、売れ残りの子犬達も、
わずか数ヶ月の命で処分されています。

今年はすでに50頭が殺処分されています。
この業者から引き取った犬だけで、尼崎市が年間に殺処分した犬の3分の1から
半数を占める年もあったそうです。

尼崎市は、信じられないほど大量のブリーダ放棄犬を、そうと知りながら
長年にわたり殺処分してきました。
尼崎市はこの業者からの引き取り中止を決めましたが飼育は認める方向だそうです。

尼崎市長は動物好きで愛犬家で知られた方です。
許可取り消しを含め、二度とこういう事が起こらないよう徹底的な措置をとってもらえるよう
皆様の声を市長に届けて下さい。

また現在この業者の200頭以上もの犬は、狂犬病登録もせず、狂犬病注射も受けていません。
明らかな狂犬病予防法違反です。

このような違法状態を放置してよいはずはなく、決して見逃すことなどなく、
法にのっとり対処してもらえるよう警察署に対しても要望をお願いします。

■尼崎市秘書課
電話06ー6489ー6008
FAX06ー6489ー6009
■町づくり提案箱
mayor_shirai@city.amagasaki.hyogo.jp

■尼崎東警察署生活安全課生活環境係
06ー6489ー0110

******
転載歓迎 

シンポジウム「真に動物を守る法律へ」 運営委員会
THEペット法塾

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転載ここまで。


尼崎市は、何故このような業者の依頼を何年も放置してきたのでしょうか?
そして、何故まだ飼育を認めているのでしょう? 
怠慢である上に、命に対する認識の欠如や麻痺、社会正義の欠落を感じます。
決して許される事ではありません。

追記
どんなに個人や愛護団体が頑張っていても、このような業者を野放しにする限り、
捨てられたり殺処分される犬や猫は、後を絶たないのだと怒りが込み上げてきます。

何故、無駄に殺されるだけの命を産み出せるのでしょう? 自分の金儲けのために。
そして、保健所やセンターでの引き出し、捨てられた子を保護するボランティアや
一個人は、いつまでこんな輩の尻拭いをしなければいけないのでしょうか? 

自分が捨て猫を拾ったり、保護した知人の代理募集をする度に、私はいつも
怒っていました。いつも見過ごせない優しい人が、身勝手で常識はずれな者の
犠牲になっている構図が浮かび上がって許せない気持ちで一杯になります。

何より、なぜ小さな命に対して、そんなに無慈悲でいられるのでしょうか?
猫や犬にも、人間ほど複雑では無いにしても感情は有ります。個性もみんな
違います。どうしてそんな子達をやすやすと踏み躙れるのでしょうか。

現行の愛護法で、違法な業者に処罰を課せないというのなら、やはり法律を
変えていくしか無いのかと実感します。その前に行政は怠慢してないで、
指導の努力をするなどきちんと仕事をしていただきたい。自分の払っている
税金で、犬猫が大量に殺されている事実がまず許せない。
(怒りで割と初めの方から、論点がずれているのが、自分でも解るので
この辺で失礼します)



人気ブログバナ   にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
ランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。